ほけんだより

11月29日(木)現在、溶連菌感染症・マイコプラズマ肺炎で
お休みしている園児が年長組に1名おります。

溶連菌感染症の症状は、のどの強い痛み、発熱、舌にはいちごのような
赤いブツブツができたり、赤く細かい発疹が全身に出る場合があり、
くしゃみや、唾液などから感染します。

マイコプラズマ肺炎の症状は、しつこく乾いた咳、発熱、全身のだるさです。
熱は出ないこともあり比較的症状は軽いですが、微熱が続いたり、
咳が長引いたりします。咳により空気感染します。

症状が出た場合は、早めに病院を受診されることをお勧めします。